About renoma PARIS:1963年にパリの一等地である16区のポンプ通りに本格プレタポルテのブティックをオープンさせた。独自のファッション哲学と独創的なデザインで注目を集め、ミュージシャン、映画監督ら多くの顧客を抱え、一躍トップブランドとなった。サンローラン、ジェームス・ブラウン、ゲンズブールもその一人で当時1960年代から70年代の服が、脚光を浴びる。

Design Concept — デザインコンセプト —

既存の枠を超えた「遊び心」

世界中のどこでもなく、Renomaは、「生粋のパリジャンがもつ小粋さが感じられるブランド」である。たとえば、素肌にシルクジャケットをまとうこと、カシミア素材のパーカーをはおることは、Renomaらしさを表現している。“ジーンズにジャケットをはおって、ランチに”そんな日常的な光景も、Renomaが提案する前は、あり得なかった。

モーリスのデザインは、“着るシチュエーション”の概念を変えた。

Renomaデザインの特長のひとつに、ドレスダウンがある。シンプルでありながら、あたり前にただ着ることをしない。服を着ることによって、自らの生き方、感じ方を表現すること。そこに、自分らしい価値が生まれるのだ。また、クラシックなもののアレンジも、Renomaが開拓した分野である。クラシック、トラディショナルなものに安心せず、自分らしいアレンジを積極的に加え、調和させる自由をもつこと。そこに新しい着こなしが生まれる。

Vintage Item — ヴィンテージアイテム — 斬新さとフォーマルの間の新世界

斬新なデザイン

数々の画期的デザインを創り出してきたRenoma。いまではスタンダードとなったスタイルも、Renomaが始めた時は、世界に衝撃をもたらした。

  • ジャケット

    ジャケット

    独創的なシルエット「コンケープ」は、パターンナーが「こんなに着心地悪くて、よく着るなあ」と言うほどの斬新さだった。着こなせる粋な遊び人には絶賛され、素晴らしい評価を得た。

  • レザーパッチワークブルゾン

    レザーパッチワークブルゾン

    70年代初め、世界に先駆けてアメリカンテイストのレザーブルゾンを発表。高価な皮を贅沢に使い、バックにパッチワークをあしらった新しいスタイルが、裕福な人たちに支持された。

フォーマルなエッセンスをカジュアルに取り込む

バギーパンツ、コーデュロイスーツ

  • バギーパンツ

    だぼだぼの大胆なシルエットが、世界の話題をさらった。作業着のイメージが強かったボタンやコインポケット、フォーマル色の強いインタックを付けたディテールが注目をあびた。

  • コーデュロイスーツ

    ツイードをベースに、背中の一部や、ベスト、ズボンにコーデュロイを使用。こうしたフォーマルのエッセンスをカジュアルに着こなすのも、Renomaの得意スタイル。

pagetop